患者様の安心のため、診療に専念できる環境を整えています。

グループ医院の経営マネジメント

jimud76

経営と診療の役割分担を明確化

多くの歯科医院では、院長がひとりでその日、その月の経理業務を行い、人事・労務管理を行い、総務を行っています。
患者さんとの時間をいちばん大切にしたい医師が、診療以外の業務に時間を取られている。 そのしわ寄せは、当然、診療や治療にくるはず。 こんなところから、患者さまの不安や不満が大きくなるのではないでしょうか。
だから三国歯科グループでは、経理や総務の業務は、その道に精通したスタッフが事務局で行っています。
患者さまが安心して地域の医院に通えるように。担当医ともっともっと密なコミュニケーションが行えるように。ドクターたちが診療に専念できる環境を確保しているのです。

いま、都内では1日1軒のペースで歯科医院が廃業しているそうです。他の地域でも激しい競争が続いています。
明日の存続を憂えるような環境では、診療・治療に身が入るはずがありません。
当然、患者さまに提供する医療の質は落ちていきます。
そのため三国歯科グループでは、安定した経営を心がけています。
大伸会はグループであることのスケールメリットを最大限活かして、質の高い医療と安定経営を実現し、患者さまに心から安心いただける環境づくりに努めています。

大伸会「三国歯科グループ」

sosiki

医療法人社団 大伸会・役員

理事長

 川名部 謙(歯学博士)

副理事長

 池田 貴裕

 〃 

 高尾  顕

専務理事

 川名 剛之

事務長

 塚田 文男

会 長

 三国 大吾