一番身近なホームドクターとして

歯科医院のイメージを根本から変えていきます。

「痛い」、「怖い」、「行きたくない」。いつからでしょうか。歯科医院が敬遠したい存在になってしまったのは。日常生活に支障がなければ、少しくらいの虫歯では診療所には行かない。
もしかしたら、日本人の口腔ケアが世界に遅れをとっているのは、日本人の歯科医院に対する印象が大きな原因なのかもしれません。
歯科医院は怖い思いをする場所ではなく、病気になって痛い思いをしないために行く場所。そんな思いから、歯科医院の旧来イメージを一新すために大伸会「三国歯科グループ」は誕生しました。

「この程度のことを相談したら、怒られるかな・・・」
「虫歯かもしれないけど、痛くないから放っておこう」。
そんな患者さまも、自然にスタッフに相談したくなる。気軽に悩みを打ち明けられる。それが本来の歯科医院の姿であるはず。その姿を取り戻すために、大伸会ではグループ各医院のスタッフが一丸となって親しみやすい医院づくりをこころがけてきました。
いま、三国歯科グループの待合室には、子どもたちの笑い声が響いています。
少しずつ、私たちが思い描いた歯科医院のイメージが現実になってきました。

チャレンジスピリッツ

mikuni_image_1100-1

三国歯科グループは常に「チャレンジする」という設立当時の精神を忘れず、 いつでも・どこでも・誰もが質の高い最善の医療を受けられる社会を目指しています。
より良い医療を提供し、世界中の人々の幸せと社会の発展、地域の未来に貢献し続けることをお約束します。
夢中で話す。思いきり笑う。美味しく食べる。 口を動かすとき、幸せな気分になってほしい。私たちは心から、そう願っています。

歯科医師はもちろん、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手といったスタッフの綿密な連携によって、高度医療や専門医療のチーム医療も実現。
審美歯科や矯正歯科、インプラントなど、多様化する患者さまのニーズに柔軟にお応えできる体制が整っています。
地域の人々の笑顔溢れるシーンをどんどん増やしたい。
三国歯科グループは「地域医療に貢献するホームドクター」をモットーに、新しいことに次々とチャレンジし続けています。