理事長あいさつ Philosophy - グループの理念と使命

あなたには心から信頼できる
主治医がいますか。

チーム歯科治療で安心できる診療を提供します。

理事長 三国大吾

私はいつも、Dr.に同じことを聞いています。
「その治療はあなたの最愛の方に行うものと同じですか?」

最新の治療も最先端の技術もスピードの早い医学の世界では、数年で過去のものになります。
素晴らしいDr.になりたいと思う気持ちが時に、技術の研鑽や、己の実績作りばかりに比重をおいてしまいます。そうなると常に診療が自分のステップアップの材料にしかなくなってしまいます。

また、毎日の猛烈に忙しい診療だけに従事していると、自分の知識や技術の蓄えは少しずつ失われていきます。そうなると一見慈愛に満ちた診療も知識や技術の還元という観点からは不十分な診療になります。我々臨床医にとって最も大事なことはこのバランスを取る努力を怠らないことにこそあります。その基準は上記の「最愛の方に行う治療」です。
先生が患者さんの本当の望みを聞き、可能な条件下で、最高の準備をして、最善を尽くす。そして、その経過を真摯に親身に捉え、対応していくのが、その基準なのです。
我々は、チーム診療そして組織的な歯科医療の取り組みこそがこれを実践できる環境であると考えています。

現在では、関東を中心に16の歯科医院を運営しております。
私の今の夢は、できるだけ多く我々の理念を共有する歯科医院を開設し、一人でも多くの患者さんに喜んでいただけるシステムを構築することです。術者の知識や技術に左右されることなく、何時でも、何処でも安心して同じサービスを受けることができる歯科医院として、信頼していただけるブランドを作りたいと思っています。

どこで診療を受けていいのかわからない悩みを解消できる医療法人。「大伸会でなら安心して診療を受けられる」その声を少しでも聴けるよう全スタッフが努力をしています。

医療法人社団 大伸会
理事長 三国大吾(歯学博士)

松戸ロータリークラブ会報誌

理事長 三国大吾の松戸ロータリークラブに入会した折のご挨拶が、松戸ロータリークラブの会報に記載されました。
右の写真、また下のリンクからご挨拶のPDFがご覧いただけます。

松戸ロータリークラブ
[第2658回例会]会報No.2657(2010年12月15日発行)より

三国大吾 略歴
理事長の三国が学んだ日本大学松戸歯学部は、開校以来、歯科医療を単に虫歯や歯周病を治療するものとしては捉えず、口腔の健康を通じて全身の健康を考えるメディコデンタル(医学的歯学)の理念に基づき学生を指導してきた大学です。
そこで医学を学んだ三国は、歯科医一年生のときから、すでに治療中心の考えを持っていませんでした。
平成8年。千葉県松戸市に自身が院長を務める三国歯科医院を開院してからは、当時まだ多くの歯科医院が治療中心であったにもかかわらず、メディコデンタル理念の実践に邁進しました。「予防」という健康によい生活習慣を身につけるには、幼い頃からの習慣が大切。また、「痛い」「怖い」という歯科医院に対する先入観を解消するにも、幼い頃から「家族のような」「笑顔で接する」歯科医師との関わり合いが必要と考え、小児歯科にも積極的に取り組んできました。
そうした三国の経験や考えが、いまの大伸会の礎となりました。
現在、三国の理念の元には100人以上の医師や歯科技工士、歯科衛生士が集まり、1都3県に直営10医院、提携6医院の合計16医院を有するまでになっています。
Page Top